わたしはだあれ?

1,599円(税118円)

出題者が引いたカードの動物を当てるべく、より対象を絞り込めるように「はい」か「いいえ」で答えられる質問をあれこれ考えてたくさん聞き、推理で当てていく質問力を鍛えるカードゲームです。動物とその衣装を着た子どもが対になった可愛らしいイラストカードで、どう言ったら当てずっぽうではなく良い質問になるかを考えるのが楽しいゲームです。言語や論理思考の発達を促す手軽な子ども向けとしておすすめです。グッド・トイ2016受賞。

製造国:リトアニア
デザイナー: ライマ・ズロネ
サイズ:幅105×奥行158×高さ37mm
枚数:32枚
最大人数 16人

  • ぺこぽん
  • 30代
  • 女性
  • 2017/04/20 15:29:07
2歳児とは、動物の名前を言ったり、大人が言った動物名や鳴き声やジェスチャーを見て、当ててもらったり、絵合わせとして遊んだりしました。何度も繰り返して遊んでました。

4歳児とは、「はい・いいえ」で答えられる質問で、探し当てて遊びました。テレビゲーム系のことはよく話すのですが、このゲームではペラペラとはいきませんでした。
”当てるには、どんな質問をしたらいいか”などをものすごく真剣に考えていました。
はじめ、何を質問したら良いか分からず、ことばがなかなか出てこなかったのですが、大人の質問のマネをしたり、子どもカードを見ながらヒントになりそうなことを提案することで、進められました。


ある程度遊ぶと、だいたい何を質問したらいいのか絞られてくるのかなと思いました。動物以外でも、生活道具など、カテゴリーも増やしてもらえると、ゲームの難易度も考える幅も広がりそうです。

こういうゲームは無かったと思うので、子どもにとても良いように思います。言語力、考える力、記憶力などが楽しく鍛えられそうです。

カードも程よく厚みがありしっかりしていて、絵柄も可愛らしくて良いです。
ショップからのコメント
ぺこぽん様 コメントありがとうございます。4歳児さんのエピソード、とても興味深いです。なかなか大人であっても自分の得意分野以外のことで質問するとなると言葉に詰まることありますよね。また、2歳児さんもしっかり活用して楽しんでいただけているようで嬉しく思います。(2017/05/13 11:05:58)